忍者ブログ
競馬を予想したり、研究したりできたらなと思います。   気軽くコメントください^^
(2017/12/16)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2009/06/16)




Photo By Echisen

メイショウサムソンが素晴らしい走りを見せ、
天皇賞春秋連覇の偉業を達成した2007年秋の天皇賞。

新しいエンジの勝負服を着た岩田とアドマイヤムーンは宝塚記念に続いてもう一度
人気の面では先行されたメイショウサムソンを差しきろうという思いがあったはずでした。

ところが、勝負所で加速しようとした瞬間に
外によれたコスモバルク、エイシンデピュティのあおりを多くの馬が受けた結果
大きく馬体をぶつけられ思うような競馬はできませんでした。

不利がなければ勝っていたのかとかは、見当もつきませんが
不本意な競馬に終わってしまったのは間違いありません。

岩田騎手とアドマイヤムーンはその借りを返す場にJCの舞台を選びました。

僕は当時、アドマイヤムーンは中距離馬で天皇賞がベストの舞台であり
JCになれば、余計にサムソンが有利になるだろうと考えていました。

そんな僕の安易な考えは見事に吹き飛ばされました。

アドマイヤムーンは、好スタートから今までになく積極的に先行策をとりました。
岩田騎手がかかることを恐れずに好位をとりにいったことで道中、
ずっと馬と呼吸が合わず岩田騎手は立ちっぱなしでしたが
直線を向いたあ内からスルスルっと抜けてきて最後までソラを使うことなく
踏ん張り続けてポップロックをアタマだけ退けて先頭でゴールに飛び込みました。

その後、勝者だけが行えるウイニングランで岩田騎手は叫び続けました。
彼はおそらく僕たちには分からない、ほっとした安心感や嬉しさがあったのでしょう。
夕陽を照らされながら走るムーンの姿はただ純粋にかっこいいと思えました。

その後のインタビューで岩田騎手はこみ上げてくるものがある様子でした。
岩田騎手はおそらくムーンがとても好きだったんでしょうね
ムーンの強さを証明できて本当に嬉しかったんだと思います。

また、岩田君にとってもこのレースが東京競馬場での初めての重賞勝利でした。
これ以前は、岩田君自身が言うほど東京コースに苦手意識があったようです。

ムーンとのこの勝利が、彼の苦手意識を払拭したと言っても過言ではないと思います。
この東京競馬場でのJC勝利が岩田君からムーンへの、そしてムーンから岩田君への
最後のそして最高のプレゼントだったに違いありません。

この後有馬記念に出走することなく、このレースを最後に引退したアドマイヤムーンは
もしかしたら、これが最後のレースだと知っていたからこそ
いつものようにソラを使うのではなく、最後までがんばったのかもしれません。

2007年のジャパンカップ
最後まであきらめなかった馬と、最後まで攻めきり、失敗を恐れなかった騎手のコンビが
本当の強さを証明した見事なレースでした。




http://www.youtube.com/watch?v=OXupP9sJet4&feature=related

レースとインタビューです。



PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Michael
性別:
男性
自己紹介:
予想はラップを中心に、
最近は、血統や
馬体の見方も
勉強しています。

馬券は重賞で
たまに大きいのを
取ることがありますが
平場での的中率は…
精進していきたいと思います。
よろしくお願いします。
ブログ内検索
Michaelの成績

公開◎成績(11-10-9-39)

単勝回収率:84.9%

複勝回収率:89.4%

2009春G1 ◎成績(6-1-0-4)

単勝回収率:360.0%

複勝回収率:131.8%

最新CM
[04/04 Apollo]
[07/25 Michael]
[07/25 Michael]
[07/11 Michael]
[07/11 Apollo]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Powered by NINJAブログ. / Template Design by 短腿.
Copyright © 競馬と共に ~May the horse be with you~ : All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]